キャッシングには総量規制という借り入れ上限の規制があります。これは1社からの借り入れではなく、全社合わせての規制です。複数のキャッシングを利用しても、1社からのみの借り入れでも、借りられる金額に違いはありません。いくつかのキャッシングから細かく借りることにあまり意味はないのです。

それどころか複数のキャッシングから借り入れをすることにはデメリットもあります。1社から借りるより、複数から借りるほうが金利が高くなってしまうことが多いのです。25万ずつ4社から借りた場合、金利は各社とも18%程度でしょう。しかし、1社から100万を借りた場合、金利は15%になります。これは法律による利息の上限が借りる金額によって違うからです。基本的に大きな金額を借りるほど金利の上限は低くなります。したがって、複数からお金を借りるよりも、借り入れを1社に集中したほうが金利はお得なのです。

このことを利用した金利節約の方法がおまとめや借り換えです。複数の借り入れを1社から借りたお金で全額返済し、複数の借り入れを一本化することで金利を低く抑えるのです。おまとめには専用ローンを利用しても良いですし、金利が低めのカードローンなどを利用してもよいでしょう。