Tag限度額

キャッシングの限度額の設定とは

キャッシングでお金を借りる時には大抵の場合、限度額がその場で決まることになります。つまりは、この金額までならば貸すことが可能、というのが決まるわけです。例えば30万円と設定された場合、10万円を借りたら残りは20万円になるわけです。そして、これが肝心なのですが10万円を返せば20万円の残りから30万円に回復する、ということにもなります。限度額とは何度も借りることができる枠と考えておいてよいでしょう。この金額なのですが与信という行為によって決まることになります。

つまりは、その人の信用度によって決められるわけです。総量規制というのがあり、それは超えることができないです。これが年収の3分の1までになっていますがこの限界が設定されるわけではないです。あくまで最初はなんの実績もないので10万円、20万円という単位になることが多いです。もちろん、これも総量規制内で、という話になります。そして、借り入れと返済などを繰り返していきますと実績が積まれることになります。つまりは信用度が高くなるわけです。それでも総量規制を超えることはないですがそれに最終的には近づいていく、という形にはなります。これが限度額の設定の基本になります。

キャッシングの限度額は50万円までにすること

日常生活を送っていると、給料日までお金が足りなくなったり財布にお金が入っていない時に限って飲み会に誘われたりすることも少なくありません。そのような時に困らないようにキャッシング専用のカードを所有している方もおり、また利用を検討している方もいるのではないでしょうか。

日本人はキャッシングと聞くとあまり人に知られたくないとか、借金というイメージがあり後ろめたさを感じるケースもあります。しかし住宅ローンや車のローン、そして教育ローンなども全て借金でありキャッシングを利用するのと同じです。

ただ、キャッシングは金利が高めに設定されているので、多額のお金を借りることは控えた方がよいです。よって限度額は30万から50万円程度に設定しておくことをおすすめします。普段の生活で50万円までの借り入れ枠があれば余裕を持って生活をすることが可能です。50万円程度の限度額ならば収入証明書の提出も必要ないことが多いので審査もスピーディーです。

さらにパートやアルバイト、主婦の方でも30万円から50万円の限度額なら融資を行ってもらいやすいです。中には専業主婦でも限度額50万円までなら申し込める銀行もあるので一度利用を検討してみるとよいでしょう。

キャッシング限度額はカンタンにアップ?

各金融会社のキャッシングは使い方を間違わなければ、凄い便利なものです。

申し込みも自動契約機で約1時間あれば即日借り入れ可能です。

私の場合は、お祝い事や交際費の出費が多い時に借り入れをしました。

当初10万円の借り入れの予定だったのですが、20万円までの申し込みが可能だったので増額しました。

早速10万円を借り、翌月より月々5千円ずつ滞りなく返済をしていました。

カードを持ち始め4ヶ月程経過した時、金融会社より限度額の増額の電話がありました。

今契約をしている20万円から50万円に増額。正直そんなに借り入れの予定は無かったのですが

万が一何かあった時、備えがあれば気持ち的に楽かな?と増額しました。

こんなにすぐ増額出来るの?とインターネット検索をしていると、
きちんと滞りなく返済をしていたので信用が得られたのが理由でした。

何事も信用って大事だなぁと実感しました。