Tag総量規制

なぜおまとめローンは総量規制の対象とならないのか

おまとめローンは複数の借金を一つにまとめる金融商品です。多重債務がある人にとっては、おまとめローンを利用することによって、煩雑であった複数の借金の管理が簡素化されたり、全体的に金利が下がったりとメリットの多い金融商品です。ただし、おまとめローンは通常のキャッシングやカードローンと比べても審査が厳しいので利用する敷居は低いものではありません。

おまとめローンを提供する金融機関は銀行や大手の消費者金融が多いですが、おまとめローンは消費者金融であっても総量規制の対象となりません。消費者金融などの貸金業者からお金を借りるには貸金業法で年収の三分の一までになっていますが、おまとめローンはそれ以上の借入も可能です。これはおまとめローンが総量規制の例外規定に該当するからで、おまとめローンが新規の借入でないこととおまとめローンが利用者に一方的に有利になる借入であるからです。

ただし、おまとめローンの審査に通ったとしても借金の金額が減額されるわけではありません。しかし、おまとめローンの利用によって金利が下がることが多いですから、借金の金額は買わなくとも、しっかりと返済していけば実質的には総返済額が減ることは確かです。

おまとめローンなら総量規制の影響は受けません。

カードローンやキャッシングの返済に苦労している人にとって、大きな助けとなるものが、おまとめローンです。

おまとめローンとは、複数社からの借り入れを1社にまとめるものです。

メリットとしては、1社にまとめたことにより金利が引き下げられ、最終的に支払うべき利息が減少することと、支払日を1日とすることによって、支払い忘れや返済に関する精神的負担を緩和することです。

その他にも、おまとめローンの場合は、総量規制の影響を受けないというメリットがあります、

総量規制とは、貸金業法で定められており、債権者は債務者に対して、債務者の年収の3分の1を超える貸付は行ってはならないと規定したものです。しかし、この総量規制には例外と除外が設定されています。おまとめローンは例外の中に規定されている「顧客に一方的有利となる借換え」に該当します。つまり、総量規制の影響を受ける貸金業者からの借り入れをであっても、おまとめローンとして利用するのであれば、年収の3分の1を超える融資を受けることが可能ということです。銀行でのおまとめローンを断られた人にとって、銀行以外に頼ることができるのは貸金業者であるため、おまとめローンが総量規制の例外に該当することは大きな助けになります。

借り入れは1社に集中させたほうがお得

キャッシングには総量規制という借り入れ上限の規制があります。これは1社からの借り入れではなく、全社合わせての規制です。複数のキャッシングを利用しても、1社からのみの借り入れでも、借りられる金額に違いはありません。いくつかのキャッシングから細かく借りることにあまり意味はないのです。

それどころか複数のキャッシングから借り入れをすることにはデメリットもあります。1社から借りるより、複数から借りるほうが金利が高くなってしまうことが多いのです。25万ずつ4社から借りた場合、金利は各社とも18%程度でしょう。しかし、1社から100万を借りた場合、金利は15%になります。これは法律による利息の上限が借りる金額によって違うからです。基本的に大きな金額を借りるほど金利の上限は低くなります。したがって、複数からお金を借りるよりも、借り入れを1社に集中したほうが金利はお得なのです。

このことを利用した金利節約の方法がおまとめや借り換えです。複数の借り入れを1社から借りたお金で全額返済し、複数の借り入れを一本化することで金利を低く抑えるのです。おまとめには専用ローンを利用しても良いですし、金利が低めのカードローンなどを利用してもよいでしょう。