Tag審査

地方銀行のカードローン審査はなぜ甘いのか。

地方銀行カードローンに関しては、実際には審査は甘いという風になっています。

これはなぜかというと、いくつか理由があります。

ひとつは顧客の少なさです。 やはり知名度という点では大手には勝てません。

新規の顧客の獲得という面でも、審査は甘いほうがいいですし多くの人が並んで審査待ちをしているような状況でもありませんので、

審査をしていても競争する確立というのは少ないわけです。

また、限度額についても基本的な設定については低めになっていますので、借入を多めにされたとしても

破産しても損害が少なくなっているのがおきなポイントです。

リスク管理と、人気殿違いによって審査基準が甘めになっていたりするというわけなのであります。

アルバイトの人がカードローンの審査に申し込んだ場合

日本では現在、全労働者のうち非正規雇用の割合が4割に達しているという統計があります。そのため、クレジット会社や消費者金融でも柔軟に対応するようになっており、非正規雇用でもクレジットカードを作ったり、カードローンに申し込めるようになっています。

消費者金融のカードローンの利用条件は「20歳以上で安定した収入があること」となっています。本人に毎月収入があれば、パートやアルバイトでも利用できます。以前は正社員でなければお金を借りることができないと言われていた銀行も、非正規雇用者のカードローンの申し込みを受け付けています。

アルバイトの人がカードローンに申し込んだ場合、審査で重要視される点は、他社で既に借り入れがあるかどうか、過去に金融事故を起こしたり、滞納をしたりした履歴があるかどうか、という点です。年収はそれほど重要視されませんが、アルバイトの人は年収は低いので、借入限度額も低めに設定されることが多いようです。年収以上に重要視されるのが、アルバイト先での勤続年数です。同じアルバイト先で長く働いていると、今後も収入が安定すると見込まれるので信用度が高くなるからです。

現在は、正社員といえども、終身雇用は保証されない時代です。カードローンの審査では、勤務状況の他、実家で暮らしている、一人暮らしの場合は同じ住居に長く暮らしている等、安定性の高さが判断材料となるようです。

銀行カードローンと消費者金融の審査

キャッシングやカードローンなどで銀行と消費者金融と言えば、それぞれに競争関係にあると思われています。しかし、それはある一面では当たっていますが、ある一面では全く違った様相を持っていると言えます。つまり、一見するとライバル関係にあると思われている銀行と消費者金融が協力関係にあることも少なくないということです。

現に、消費者金融が多重債務者問題などで社会的に厳しく見られるようになってからは、消費者金融が銀行グループの傘下になったということもすくなくありませんし、銀行カードローンの保証会社として消費者金融が絡んでいることも多いのです。もともと銀行にはカードローンのサービスは展開していましたが、個人融資のノウハウを持っていないこともあり、消費者金融を傘下にしたり、保証会社としたりして銀行カードローンの個人融資の残高を増やしていったという事情があったのです。とくに消費者金融などの貸金業者に総量規制が導入されてからは、銀行カードローンの残高が急増したのは、キャッシングなどの規制が厳しくなった消費者金融が銀行カードローンの保証をすることによって、銀行も消費者金融もウィンウィンの関係を築くようになっていったのです。

複数から選べる!キャッシングの申し込み方法

キャッシングを行なうための申し込みにはいくつかの方法があります。

金融機関によって多少の差異はあるものの、基本は直接店舗に出向く方法から電話、郵送、ネットなどからの申し込みが存在しています。

キャッシングはデリケートな問題でもあるため、他の人に見られたくないという方のために電話や郵送、ネット申し込みなどさまざまな申し込み方法が用意されているのです。

とくにネットからの申し込みは簡単で、必要事項を記入して送信することでその情報をもとに審査までを行なってもらえるので手間がかかりません。

キャッシングでは誤記入や記入漏れがあると審査に進むことができず面倒くさいことになりますが、画面を見ながら入力することができるため、そのような心配もなくネットなら24時間いつでも申し込みを行なうことができます。

消費者金融の場合には無人契約機も各地に存在し、そこから申し込みや審査、カードの受け取りやキャッシングまでを行なうこともできます。

無人契約機を利用する場合には審査結果が出るまで待たされてしまうこともありますが、待ち時間が嫌な方は事前に申し込みから審査までをネットで済ましてから無人契約機を利用することでキャッシングまでを手早く済ますこともできます。

楽天銀行スーパーローンの審査に落ちてしまう2つの原因

楽天銀行スーパーローンはネットですべての手続きが完結する利便性が高いカードローンなので利用する人が増え続けています。しかし審査が可決されないと契約をする事が出来ないので申し込む前に審査に落ちないように準備する必要があります。そこで楽天銀行スーパーローンの審査に落ちてしまう原因を確認していきましょう。

・収入が投資や年金だけ

楽天銀行スーパーローンは安定した収入がある人というのが利用条件になっていますが、投資や年金は認められない可能性が高いです。給与収入や事業収入などを得ていないと収入が安定していると判断されないので審査に落ちてしまいます。楽天銀行スーパーローンを利用する時は給与収入や事業収入など投資や年金以外の収入を得ておく必要があります。

・他社借入件数が3件以上

楽天銀行スーパーローンの審査では他社からの借入件数をしっかり確認します。キャッシングだけでなく車、住宅、教育などのローンも他社借入件数になり3件以上あると返済能力がないと判断されて審査に落ちてしまいます。また他社借入件数が3件以下でも借入総額が多いと審査に落ちてしまう可能性があります。

楽天銀行スーパーローンの審査に落ちてしまう原因はこのようにあるので申し込みをする前に対策しておきましょう。

自動契約機コーナーでのキャッシングは事前審査を受けておくと良い

キャッシングを申し込むために訪れる自動契約機コーナーでは、申込書の記入から審査に至るまでを一貫してブース内で説明を聞きながら行えるメリットがあります。しかし、多くは人目にあまり付かない場所に設置されていることから、地方ではロードサイドなど車が無ければ辿り着きにくい場所にあることも否めません。万が一にも遠くまで出向いて審査落ちしてしまえば、目も当てられない状況となることは明らかです。

インターネット経由での申し込みを行なうと、自動契約機コーナーで申込書を記入した場合と同じ審査が行われます。電話による本人確認と、勤務先への在籍確認電話がかけられる点も同じです。大きく違う点は、自動契約機コーナーへ向かうのはあくまでも専用ローンカードを受け取るためであって、インターネット経由で申し込みを行えば、先に審査通過した場合のみカードの受け取りのためだけに自動契約機コーナーへ向かえば良いことになります。無駄足を踏むリスクを回避しつつ、精神衛生上も審査に通過していることが分かっていて自動契約機コーナーへ向かうのであれば、キャッシング出来ることが確定しているのでストレスが掛かりません。インターネットを利用した申し込みを行えば、スマートなキャッシング申し込みが可能なわけです。

キャッシングサービスとしては今では即日が

今時は確実にキャッシングサービスは即日融資を謳っていることになります。しかし、これはどんな場合でも、ということではないのです。まず、自分が審査に通過しないことには意味がありませんし、時間帯によっては明日になってから融資、ということもあるでしょう。まず、相手が自分のことをしっかりと確認してからでないと貸すものも貸すことができないからです。そのため、基本的にはそのことをよく理解しておきましょう。キャッシングサービスとして求められるのはこちらの収入であり、借り入れであり、年齢などになります。

その点をよく踏まえておくことです。また、申し込みの時間帯もとても大事なことになります。それによって即日融資が可能であるのかどうかが大きく左右されるといってもよいでしょう。キャッシングサービスの場合は多くは午前中に申込み自体をしておけば審査が通過できるのであれば即日で貸してもらうことができるようになるでしょう。ですから、少しでも早く申込みをするようにしたほうがよいでしょう。そうすれば、上手く利用することができるようになります。ちなみに事前にカードを作ってもらっておけば即日は間違いないです。即日融資を期待するならば事前に備えておきましょう。

キャッシングの審査とはどういうもの

キャッシングとは、カードを使って提携ATMや現金自動貸出機でお金を借り入れる方法のことです。

キャッシングの審査基準の一般的なものは

大体年収200万前後で、18歳以上であるのが条件です。

各カード会社によって、審査の基準には差がありますが未成年の場合、保護者の承諾が必要です。

インターネットの普及によってネットからの申し込みが増えています。

ネット環境とメールアドレスがあれば、ネットキャッシングで簡単に融資を受けることが出来ます。

ネットの買い物をするためにキャッシングを利用する人もたくさんいますが

手軽に簡単に借りられるから気をつけたいキャッシングの落とし穴があります。

キャッシングはカード会社によって金利手数料が違うので、

徹底的に比較して申込みましょう。

借り入れ審査、楽天ローンなら大丈夫かもしれません

既に消費者金融からのキャッシング経験があるという方、次にまた借りるという場合は審査に通るか不安かと思います。

実際に2社目、3社目ともなれば審査に通らなくなってしまう確率は高まってしまうのです。

ですがその確率、簡単な方法でアップさせることが出来るのをご存知でしょうか?

それは銀行ローンを使うという方法です。

例えば楽天ローンなどは、消費者金融並みのスピード審査が持ち味でありますし、最大で500万円もの大口融資にも対応してくれます。

楽天は現在、銀行の扱いでありますが地方銀行のように審査に1ヶ月近くかかってしまうなどと言うことも無く、

最短で即日融資にも対応してくれるのです。

しかも銀行ローンですから金利が消費者金融より低く、年率4.9%から14.5%と消費者金融のキャッシングと比べると随分と違います。

それでも審査に通る可能性が少しでも高いとなれば、一度申し込んでみるべきですよね?

楽天ローンは銀行でありながら専業主婦やアルバイト、パートの方でも申し込みをすることが出来ますので、

定期的な収入はあるという方はぜひ望みを捨てずに申し込んでみてください。

審査においても消費者金融と銀行ローンでは信用情報機関の照会方法がやや異なることがあり、

消費者金融での他社借り入れ状況が考慮されない可能性があります。

ですので、3社目でも4社目でも審査を受けてみる価値があるでしょう。