Tag利用限度額

カードローンを利用しなくなったら…

契約しているカードローンを利用しなくなった際に、そのままにしておいてはいけません。カードローンの契約は基本的に消費者金融では約5年、銀行では1年ごとに自動更新される仕組みになっているので、例え完済をして借り入れ残高が0の場合でも、そのまま放置しておくと契約は続いたままになります。

この状態だと、また利用したくなった時にすぐに使えるという利点がありますが、もう利用しない場合はきちんと解約することをおすすめします。それは、カードローンの利用限度額はその額そのものが借り入れ扱いになるからです。

カードローンや各種のローンの審査の際に参照される信用情報では、利用額は限度額で判断します。つまり、30万円の限度額のカードローンを契約していると、実際の利用金額に関わらず、30万円を借りているということになるのです。当然総量規制についてもこの限度額によって判断しています。

その為、利用しなくなったカードローンの契約をそのままにしておくと、その限度額をずっと借りていると信用情報に残ったままになってしまい、特にその後に車のローンや住宅ローンなどの大きなローンを組む際にはこの記録上の借り入れがあることが障害になってしまうことがあるのです。

かと言って、カード自体にハサミを入れて捨ててしまうという行為は考えものです。それではただカードが使えなくなっただけで、カードローンの契約自体は続いたままです。きちんと利用しているカードローン会社に連絡をして、解約をしたいと伝えてください。この解約は電話やネットだけで行うことはできず、解約申込み書に記入をして提出することで行います。解約の際には連絡をしてこれを送ってもらい、提出してください。また、送付する際にはその控えをきちんととっておきましょう。

銀行カードローンの自主規制で利用限度額に上限が!固定金利のものには注意!

銀行カードローンは、かつての消費者金融のキャッシングローンのように過剰貸付や借り入れ、そして債務整理者の増加という問題が指摘されています。結果、自主規制により年収に応じた利用限度額を設定するものが増えています。特に消費者金融と同様に年収の1/3とするケースが多くなっています。しかし、年収による制限が設けられたことから、金利が下がるという訳ではなく、固定金利の銀行カードローンの場合は総返済額が増加するリスクを生じさせています。そのため、今後、銀行カードローンを契約する場合は金利自体が審査結果により設定され、より低い金利で契約出来るかどうかが重要になっています。

また、100万円を超える利用限度額の場合、年利12%台で契約出来るものがありますが、100万円を満たない場合は上限金利が適用される可能性が高くなるため、安易に高い限度額で契約しないことがおすすめになります。また、収入に対する融資限度額に余裕を残しておくことで、別のキャッシングローンを契約出来るケースもあります。銀行カードローンは常に同じ契約条件で更新するよりも、状況を見極め利用限度額を減額するなど将来的に亘って契約性が重要になります。特におすすめなのは、突発的な借り入れに対応するため、10万円程度の限度額し、金利の低いものを選ぶのが賢い借り入れ方法になります。