Tag借り入れ

キャッシングする時の借り入れ限度額の目安は?

思いもよらない出費が発覚してしまった。

収入、支出の計算間違いによって起きたりする事もあります。

そんな時に便利なのがキャッシングです。

しかしいくらまで借りれるのだろうか。

借入限度額は年収によって変動する為、一概には言えませんが

年収のおよそ3分の1と言われています。

また、希望する限度額が50万円を超える場合は収入証明書類が必要になります。

最新の源泉徴収票、最新の確定申告書、直近2ヵ月の給与明細書のどれかですね。

要はこれだけ収入がありますよという事がわかるものです。

例えば年収が320万円の場合

借り入れできる限度額は約106万円になります。

こう考えると意外と借り入れが可能なんだという事がわかります。

もちろん、他社から借り入れしているお金が無いという事や

過去にカードローンやキャッシング等で長期滞納が無い事(これについては審査すら通らない事が多い)など

最低限個人信用情報はしっかりとしておきたいですね。

借り入れは1社に集中させたほうがお得

キャッシングには総量規制という借り入れ上限の規制があります。これは1社からの借り入れではなく、全社合わせての規制です。複数のキャッシングを利用しても、1社からのみの借り入れでも、借りられる金額に違いはありません。いくつかのキャッシングから細かく借りることにあまり意味はないのです。

それどころか複数のキャッシングから借り入れをすることにはデメリットもあります。1社から借りるより、複数から借りるほうが金利が高くなってしまうことが多いのです。25万ずつ4社から借りた場合、金利は各社とも18%程度でしょう。しかし、1社から100万を借りた場合、金利は15%になります。これは法律による利息の上限が借りる金額によって違うからです。基本的に大きな金額を借りるほど金利の上限は低くなります。したがって、複数からお金を借りるよりも、借り入れを1社に集中したほうが金利はお得なのです。

このことを利用した金利節約の方法がおまとめや借り換えです。複数の借り入れを1社から借りたお金で全額返済し、複数の借り入れを一本化することで金利を低く抑えるのです。おまとめには専用ローンを利用しても良いですし、金利が低めのカードローンなどを利用してもよいでしょう。