Tagキャッシング

キャッシングの金利と限度額の悩ましい関

キャッシング業者の貸付条件を見てみればわかりますが、金利も限度額もかなり大きな範囲が設定されています。例えば、金利が2%?18%とか限度額が10万円から500万円といった具合です。限度額はそれぞれが必要な金額がありますが、金利についてはすべての人が安いほうがいいと思うことでしょう。

しかし、先程の例で言えば2%の金利は500万円の限度額の設定であり、20%の金利は10万円の限度額の設定になることがほとんどです。では500万円の限度額があれば安く借りられますが、よほどの実績や返済能力がなければ500万円の限度額が認められることはありません。借入側では金利を決めることはできないということになっているのです。

消費者金融でキャッシングをする時に自宅や勤務先に電話がかかってこないようにする方法は?

消費者金融でキャッシングをすると自宅や勤務先に電話がかかってくる事がありますが、家族は職場の人には内緒にしたいので困るという人も少なくないでしょう。そこで消費者金融でキャッシングをする時に自宅や勤務先に電話がかかってこないようにする方法を紹介していきましょう。

消費者金融にキャッシングの申し込みをする時に店頭窓口や自動契約機を利用してしまうと何か問題が発生した時に自宅に電話がかかってくる事があります。しかしWEB完結で申し込みをすると電話連絡がなくなるので自宅に電話がかかってくる事はなくなります。また在籍確認をする時に勤務先に電話をかけますが、社会保険証など勤務先に在籍しているのを証明する事が出来る書類を提出すると勤務先に電話がかかってくるのを回避する事が出来ます。自宅や勤務先に電話がかかってこないようにしたい人は実践してみるといいでしょう。

キャッシングの審査に通らない

普通に生活していたら、キャッシングの審査に通らないなんて考えられませんが、実際に通らない人もいます。金融会社は必ず信用情報を確認します。信用情報とは信用情報機関という場所で管理されている情報です。信用情報には主に、氏名や生年月日などの個人情報、過去に利用していたローンやクレジットカード、携帯電話の分割購入の有無や支払状況、さらに金融事故の有無などが記載されています。

そこで他の金融会社からいくら借り入れているか、他のローンはしっかり返済しているか、重大な金融事故を起こしていないかなどを調べられます。この信用情報に金融事故などの履歴が残っていると、まず銀行系など厳しい会社の審査をクリアすることはできません。

キャッシングで虚偽の記載はNG

消費者金融や銀行カードローンが扱っているキャッシングは無担保による貸し付けがほとんどです。

そのため借り入れ限度額も他のローンに比べると多くはありませんが、生活費の足しなどちょっとした出費に対応できる便利なサービスでもあります。

無担保キャッシングで重要になるのは利用者の信用にほかなりません。

そのため審査の前には申し込み書類の確認や本人確認が行われ、確実に本人であるかどうかチェックされることになります。

キャッシングを確実に行いたいからといって申し込みの際に虚偽の記載をするようなことがあると信用情報に大きく影響することになり、内容によっては罪に問われることにもなりかねないため正直に申告するようにしましょう。

キャッシングするなら返済額の確認は重要

消費者金融などと契約して行うキャッシングでは、一括での返済の他に、毎月一定以上の額を入金して返済していく方法もあります。

このとき、最低返済額は消費者金融各社により定められていて、借入残高によって変動します。

そのため、キャッシングで借り入れを行う際は、まずは月々の返済額を必ず確認して、毎月不足のないように返済しましょう。

さらに完済まできちんと返済を続けるためには、何よりも、まず、「無理なく返済できる金額」であるかを考えてから借り入れを行うとよいでしょう。

最低返済額については、各社HPなので確認が可能です。

無理なくきちんと返済できる金額の範囲内でのキャッシングを心がけ、便利に賢く使いたいものです。

返済方法が多くあって便利なキャッシング

キャッシングというと消費者金融まで自分で行かないとお金を受け取れないと思われがちです。しかし来店をしなくても自分の口座に振り込んでもらうことが可能なので便利です。キャッシングすると期日までにお金を返さないといけないですが、複数の返済方法があるので自分が1番やりやすい返済方法を選ぶことができます。

来店して返済するのが確実ですが、仕事などで来店できない人は提携ATMを使ってお金を返すといいです。ネットから振り込むこともできるので非常に簡単です。また、返済を忘れたくない人は口座から自動で引き落としてくれるようにすると安心です。キャッシングができる業者はいろいろありますが、金利や年齢制限などをチェックしてから申し込むべきです。

借り換えタイミングが良ければ無駄無くキャッシングを活用出来る

キャッシングは消費者金融会社が個人向けに提供している融資サービスであり、途中で借り換えを行う事は可能です。借り換えを行うには現在利用しているキャッシングで借り入れしている残高を全て精算する必要がありますので、新しいローンでその借入残高を精算するだけの資金を借ります。この時に借入年率が現在利用しているキャッシングよりも低いところの融資を借りる事がポイントとなってきます。

借り換えタイミングは、債務残高が無くなった時に行うのが無駄無く行えるタイミングですが、債務残高がそれなりに残っている場合であっても、新たなローンで一括で返済出来る額であれば、利息が低いキャッシングに乗り換えても良いでしょう。利息を下げる事で返済するお金も少なく済みますので、キャッシングを効果的に活用可能です。

キャッシングする時の借り入れ限度額の目安は?

思いもよらない出費が発覚してしまった。

収入、支出の計算間違いによって起きたりする事もあります。

そんな時に便利なのがキャッシングです。

しかしいくらまで借りれるのだろうか。

借入限度額は年収によって変動する為、一概には言えませんが

年収のおよそ3分の1と言われています。

また、希望する限度額が50万円を超える場合は収入証明書類が必要になります。

最新の源泉徴収票、最新の確定申告書、直近2ヵ月の給与明細書のどれかですね。

要はこれだけ収入がありますよという事がわかるものです。

例えば年収が320万円の場合

借り入れできる限度額は約106万円になります。

こう考えると意外と借り入れが可能なんだという事がわかります。

もちろん、他社から借り入れしているお金が無いという事や

過去にカードローンやキャッシング等で長期滞納が無い事(これについては審査すら通らない事が多い)など

最低限個人信用情報はしっかりとしておきたいですね。

キャッシングの限度額の設定とは

キャッシングでお金を借りる時には大抵の場合、限度額がその場で決まることになります。つまりは、この金額までならば貸すことが可能、というのが決まるわけです。例えば30万円と設定された場合、10万円を借りたら残りは20万円になるわけです。そして、これが肝心なのですが10万円を返せば20万円の残りから30万円に回復する、ということにもなります。限度額とは何度も借りることができる枠と考えておいてよいでしょう。この金額なのですが与信という行為によって決まることになります。

つまりは、その人の信用度によって決められるわけです。総量規制というのがあり、それは超えることができないです。これが年収の3分の1までになっていますがこの限界が設定されるわけではないです。あくまで最初はなんの実績もないので10万円、20万円という単位になることが多いです。もちろん、これも総量規制内で、という話になります。そして、借り入れと返済などを繰り返していきますと実績が積まれることになります。つまりは信用度が高くなるわけです。それでも総量規制を超えることはないですがそれに最終的には近づいていく、という形にはなります。これが限度額の設定の基本になります。

アルバイトでもキャッシングをすることができるのか?

いきなりお金が必要になることが人生ではそこそこあることでしょう。そんなときに使うサービスといいますとキャッシングになりますが、これは当たり前ですが働いていることが重要になります。そうでないと貸してもらうことができないようになりますから、これは注意しておきましょう。

では、アルバイトのような非正規雇用ですと駄目なのか、といいますとそうでもないです。なにしろ、当たり前ではありますがアルバイトでも収入があるわけです。どのくらいか、ということによっても違うことになりますが基本的にはキャッシングサービスならば利用できる可能性が高いです。アルバイトもしっかりと働いているのですから、審査には問題ないことが多いです。

ちなみにパートでも特に問題があることではありませんから、心配することはないです。重要になってくることはその人の分限を超えていないのかどうか、というのがお金を貸してもらうときには見られることになります。与信をしてもらうことになりますがこれには総量規制があります。しかし、10万円、20万円という単位の貸付限度額であればアルバイトの人でも付与されることが多いですから、十分に利用できるといえることでしょう。