Tagカードローン

カードローンを無利息で利用しましょう

カードローンでお金を借りるなら出来る限り金利が低い所で借りたいですね。

みんな高い利息なんてつけて返済したくありません。

そんな時は、無利息でお金を借りる方法がある事を知っておくと良いのです。

カードローンの申し込みをする前にしっかりそこをチェックしてから申し込めば間違いないです。

例えば、多くのローン会社は初回の申し込みの方に対してはお試し期間として無利息期間を設けているのです。

やはりお金を借りるのは気がひける、そんな方も無利息で借りられるのであれば試そうと思いますからね。

もちろん、無利息期間を終えた後もその後もまたその会社でお金を借りていってもらえるのを期待してどの会社もキャンペーンを行ってるのです。

せっかくのキャンペーンなので利用しない手はありませんね。

けれど、無利息期間の開始は会社によって違いますのでそこはきちんと確認しないとせっかく無利息で借りられたはずが利息を支払う羽目になる事がありますから注意して下さいね。

三井住友銀行のカードローンの利用

私は、現在、三井住友銀行のカードローンを利用しています。その申込時の状況を説明します。5年ほど前に、パソコンのインターネットで、三井住友銀行がカードローンの宣伝をしているのを見ました。それで、申し込んでみようと思い、必要事項をパソコンの画面から入力して、100万円程の借入で、収入証明書不要のコースを申し込みました。2,3日経過してから、三井住友銀行から電話で連絡があり、詳しい状況を知りたいとのことでありました。

それで、収入証明書の代わりになるものはないかとの話だったので、私は、会社の請求書があると言いましたところ、それでいいからFAXで送って下さいとのことでした。それで言われた通りFAXで送りますと、また、連絡が来まして、承認が下りましたので手続きしてくださいとのことでありました。私は喜びまして、そのように手続きしました。それから、三井住友銀行のカードローンを利用するようになりました。三井住友銀行は、お客さんに対する接し方が、とても親切で好感が持てました。

沖縄県のカードローン、消費者金融事情

沖縄の消費者金融や銀行系カードローンの事情としては、経済規模が大きくない割には

かなり貸金業者が多く、都市圏が大きい県についでの多さとなっています。

大手の銀行はあまりうまみがないことから進出しているようなケースは少なく、中小の貸金業者も多いようです。

大手の消費者金融は進出しているようですが、銀行では地元の銀行の独壇場という状況で

全国でも珍しいくらい、沖縄では地元業者の勢力があるという感じです。 特に離島はコスト的に出店が厳しいですからなかなか大手の進出はないでしょう。

経済的にあまりよくない地域でありますから、消費者金融ので借金をする人も結構いるようです。

このように、沖縄という地域はちょっと他の件では見られないような貸金関連の業者の特徴が出ている地域であるといめます。

地方銀行のカードローン審査はなぜ甘いのか。

地方銀行カードローンに関しては、実際には審査は甘いという風になっています。

これはなぜかというと、いくつか理由があります。

ひとつは顧客の少なさです。 やはり知名度という点では大手には勝てません。

新規の顧客の獲得という面でも、審査は甘いほうがいいですし多くの人が並んで審査待ちをしているような状況でもありませんので、

審査をしていても競争する確立というのは少ないわけです。

また、限度額についても基本的な設定については低めになっていますので、借入を多めにされたとしても

破産しても損害が少なくなっているのがおきなポイントです。

リスク管理と、人気殿違いによって審査基準が甘めになっていたりするというわけなのであります。

アルバイトの人がカードローンの審査に申し込んだ場合

日本では現在、全労働者のうち非正規雇用の割合が4割に達しているという統計があります。そのため、クレジット会社や消費者金融でも柔軟に対応するようになっており、非正規雇用でもクレジットカードを作ったり、カードローンに申し込めるようになっています。

消費者金融のカードローンの利用条件は「20歳以上で安定した収入があること」となっています。本人に毎月収入があれば、パートやアルバイトでも利用できます。以前は正社員でなければお金を借りることができないと言われていた銀行も、非正規雇用者のカードローンの申し込みを受け付けています。

アルバイトの人がカードローンに申し込んだ場合、審査で重要視される点は、他社で既に借り入れがあるかどうか、過去に金融事故を起こしたり、滞納をしたりした履歴があるかどうか、という点です。年収はそれほど重要視されませんが、アルバイトの人は年収は低いので、借入限度額も低めに設定されることが多いようです。年収以上に重要視されるのが、アルバイト先での勤続年数です。同じアルバイト先で長く働いていると、今後も収入が安定すると見込まれるので信用度が高くなるからです。

現在は、正社員といえども、終身雇用は保証されない時代です。カードローンの審査では、勤務状況の他、実家で暮らしている、一人暮らしの場合は同じ住居に長く暮らしている等、安定性の高さが判断材料となるようです。

カードローンを利用しなくなったら…

契約しているカードローンを利用しなくなった際に、そのままにしておいてはいけません。カードローンの契約は基本的に消費者金融では約5年、銀行では1年ごとに自動更新される仕組みになっているので、例え完済をして借り入れ残高が0の場合でも、そのまま放置しておくと契約は続いたままになります。

この状態だと、また利用したくなった時にすぐに使えるという利点がありますが、もう利用しない場合はきちんと解約することをおすすめします。それは、カードローンの利用限度額はその額そのものが借り入れ扱いになるからです。

カードローンや各種のローンの審査の際に参照される信用情報では、利用額は限度額で判断します。つまり、30万円の限度額のカードローンを契約していると、実際の利用金額に関わらず、30万円を借りているということになるのです。当然総量規制についてもこの限度額によって判断しています。

その為、利用しなくなったカードローンの契約をそのままにしておくと、その限度額をずっと借りていると信用情報に残ったままになってしまい、特にその後に車のローンや住宅ローンなどの大きなローンを組む際にはこの記録上の借り入れがあることが障害になってしまうことがあるのです。

かと言って、カード自体にハサミを入れて捨ててしまうという行為は考えものです。それではただカードが使えなくなっただけで、カードローンの契約自体は続いたままです。きちんと利用しているカードローン会社に連絡をして、解約をしたいと伝えてください。この解約は電話やネットだけで行うことはできず、解約申込み書に記入をして提出することで行います。解約の際には連絡をしてこれを送ってもらい、提出してください。また、送付する際にはその控えをきちんととっておきましょう。

カードローンのポイントに関して

人生ではお金が足りなくなることもあるでしょう。そんなときに考えるのがカードローンを利用することです。カードローンは無担保であり、個人の金融信用情報などから個人に対して貸すことになります。それが基本的にはカードローンになります。カードローンでは当たり前ですが審査をされることになります。審査の内容自体はどこも同じようなものになります。お金を貸すかどうかの判断材料はどこも同じだからです。その人の収入や借金の有無、あるのであればその金額です。年齢なども下限より上であり、上限よりも下であることが求めれます。

在籍確認なども重要になりますから、確実にできるようにしておきましょう。カードローンのポイントになるのはまずは金利になります。低金利であることのほうがよいのは間違いないでしょう。出来れば無利息期間などがあるとよいでしょう。それを上手く活用すればコストを抑えて借りることができるようになります。手数料なども重要です。ATMなどを利用する時に手数料が取られるのかどうかです。普段から使うところのATMが無料で使えるとかそうしたことから借りるカードローン業者を決めるのも一つのやり方であるとはいえるようになっています。

目的別ローンには無いカードローンの3つの便利な特徴 

現在のカードローンは店舗や自動契約機に行かなくてもインターネットから簡単に申込ができますが、その他にも3つの便利な特徴があります。

●無担保・無保証人

住宅ローンやマイカーローンなどの目的別ローンは住宅や車を担保に取られたり、保証人を要求されたりしますが、カードローンは一切必要ないため、申込や審査が簡単でスピーディに終わります。従って、申し込んだ当日にコンビニATMから出金したり、銀行口座に借入金を振り込んでもらったりする即日融資が可能です。なお、銀行カードローンの場合はグループの貸金業者が保証会社になっています。

●借入が自由

目的別ローンはいったん借入が終了すると、新しく借入が必要になった場合は改めて申込が必要になり、当然審査も受けることになります。しかし、カードローンの場合は、一度契約して利用限度額が設定されれば、その金額の範囲内なら例え完済していなくても、いつでも自由にお金を借り入れることができます。無論、業者にその都度申請する必要が無く、好きな時間にコンビニATMから引き出すことができますし、インターネットから振込入金の手続きをすることもできます。

●借入金の使途が自由

目的別ローンは借入金の使途が限定されているため、借入金を別の用途に利用することはできなくなっています。しかし、カードローンの場合は利用者が何に使おうと自由になっています。つまり、生活費に使おうが、旅費や嗜好品の購入費に充てようが利用者の都合次第です。

メガバンク3行のカードローンで即日キャッシングをするためには

近年では多くの金融機関で、利便性に優れたカードローンの取り扱いをしており、インターネット申込に対応していることはもちろん、即日融資に対応するカードローンも多くなりました。

メガバンクとして知られている、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行でも例外なく即日融資に対応したカードローンの取り扱いを行っており、メガバンクならではの低金利と使い勝手の良さ、安心感から多くの人に利用されています。

しかし一見すると同じような商品内容に思えるものの、金利や融資限度額、即日融資してもらうための条件などは各行によって当然ながら異なります。それぞれの銀行のカードローンについて詳しく解説していきます。

・三井住友銀行

三井住友銀行のカードローンは、実質年率が4.0%~14.5%、融資限度額は最大で800万円となっています。審査にかかる時間は最短で30分となっており、ウェブ・SMBCダイレクト・ローン契約機・電話での申し込みをすることで、即日融資が可能となってます。

・三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行では複数のカードローンの取り扱いがありますが、そのうちのバンクイックという商品が即日融資に対応しています。

バンクイックの実質年率は4.6%~14.6%で融資限度額は最高500万円となっています。なおバンクイックではインターネット・テレビ窓口・電話と三種類の申し込み方法がありますが、いずれの方法で申し込みをした場合でも即日融資が可能となってます。

・みずほ銀行

みずほ銀行のカードローンにはコンフォートプランというプランとエグゼクティブプランというプランの二種類のプランがあります。

実質年率は、コンフォートプランが3.5%~14.0%で、エグゼクティブプランが3.0%~7.0%となっています。なお、融資限度額はいずれのプランでも最高1000万円となっています。

どちらのプランに申込をした場合でも、即日融資を受けるためには、申込時点でみずほ銀行の普通預金口座が持っている必要があります。

口座を持っていない場合には、カードローンの申し込みと同時に口座開設申し込みができますが、その場合には即日融資は不可となります。