Page 2 of 7

借り換えタイミングが良ければ無駄無くキャッシングを活用出来る

キャッシングは消費者金融会社が個人向けに提供している融資サービスであり、途中で借り換えを行う事は可能です。借り換えを行うには現在利用しているキャッシングで借り入れしている残高を全て精算する必要がありますので、新しいローンでその借入残高を精算するだけの資金を借ります。この時に借入年率が現在利用しているキャッシングよりも低いところの融資を借りる事がポイントとなってきます。

借り換えタイミングは、債務残高が無くなった時に行うのが無駄無く行えるタイミングですが、債務残高がそれなりに残っている場合であっても、新たなローンで一括で返済出来る額であれば、利息が低いキャッシングに乗り換えても良いでしょう。利息を下げる事で返済するお金も少なく済みますので、キャッシングを効果的に活用可能です。

三井住友銀行のカードローンの利用

私は、現在、三井住友銀行のカードローンを利用しています。その申込時の状況を説明します。5年ほど前に、パソコンのインターネットで、三井住友銀行がカードローンの宣伝をしているのを見ました。それで、申し込んでみようと思い、必要事項をパソコンの画面から入力して、100万円程の借入で、収入証明書不要のコースを申し込みました。2,3日経過してから、三井住友銀行から電話で連絡があり、詳しい状況を知りたいとのことでありました。

それで、収入証明書の代わりになるものはないかとの話だったので、私は、会社の請求書があると言いましたところ、それでいいからFAXで送って下さいとのことでした。それで言われた通りFAXで送りますと、また、連絡が来まして、承認が下りましたので手続きしてくださいとのことでありました。私は喜びまして、そのように手続きしました。それから、三井住友銀行のカードローンを利用するようになりました。三井住友銀行は、お客さんに対する接し方が、とても親切で好感が持てました。

キャッシングする時の借り入れ限度額の目安は?

思いもよらない出費が発覚してしまった。

収入、支出の計算間違いによって起きたりする事もあります。

そんな時に便利なのがキャッシングです。

しかしいくらまで借りれるのだろうか。

借入限度額は年収によって変動する為、一概には言えませんが

年収のおよそ3分の1と言われています。

また、希望する限度額が50万円を超える場合は収入証明書類が必要になります。

最新の源泉徴収票、最新の確定申告書、直近2ヵ月の給与明細書のどれかですね。

要はこれだけ収入がありますよという事がわかるものです。

例えば年収が320万円の場合

借り入れできる限度額は約106万円になります。

こう考えると意外と借り入れが可能なんだという事がわかります。

もちろん、他社から借り入れしているお金が無いという事や

過去にカードローンやキャッシング等で長期滞納が無い事(これについては審査すら通らない事が多い)など

最低限個人信用情報はしっかりとしておきたいですね。

沖縄県のカードローン、消費者金融事情

沖縄の消費者金融や銀行系カードローンの事情としては、経済規模が大きくない割には

かなり貸金業者が多く、都市圏が大きい県についでの多さとなっています。

大手の銀行はあまりうまみがないことから進出しているようなケースは少なく、中小の貸金業者も多いようです。

大手の消費者金融は進出しているようですが、銀行では地元の銀行の独壇場という状況で

全国でも珍しいくらい、沖縄では地元業者の勢力があるという感じです。 特に離島はコスト的に出店が厳しいですからなかなか大手の進出はないでしょう。

経済的にあまりよくない地域でありますから、消費者金融ので借金をする人も結構いるようです。

このように、沖縄という地域はちょっと他の件では見られないような貸金関連の業者の特徴が出ている地域であるといめます。

地方銀行のカードローン審査はなぜ甘いのか。

地方銀行カードローンに関しては、実際には審査は甘いという風になっています。

これはなぜかというと、いくつか理由があります。

ひとつは顧客の少なさです。 やはり知名度という点では大手には勝てません。

新規の顧客の獲得という面でも、審査は甘いほうがいいですし多くの人が並んで審査待ちをしているような状況でもありませんので、

審査をしていても競争する確立というのは少ないわけです。

また、限度額についても基本的な設定については低めになっていますので、借入を多めにされたとしても

破産しても損害が少なくなっているのがおきなポイントです。

リスク管理と、人気殿違いによって審査基準が甘めになっていたりするというわけなのであります。

キャッシングの限度額の設定とは

キャッシングでお金を借りる時には大抵の場合、限度額がその場で決まることになります。つまりは、この金額までならば貸すことが可能、というのが決まるわけです。例えば30万円と設定された場合、10万円を借りたら残りは20万円になるわけです。そして、これが肝心なのですが10万円を返せば20万円の残りから30万円に回復する、ということにもなります。限度額とは何度も借りることができる枠と考えておいてよいでしょう。この金額なのですが与信という行為によって決まることになります。

つまりは、その人の信用度によって決められるわけです。総量規制というのがあり、それは超えることができないです。これが年収の3分の1までになっていますがこの限界が設定されるわけではないです。あくまで最初はなんの実績もないので10万円、20万円という単位になることが多いです。もちろん、これも総量規制内で、という話になります。そして、借り入れと返済などを繰り返していきますと実績が積まれることになります。つまりは信用度が高くなるわけです。それでも総量規制を超えることはないですがそれに最終的には近づいていく、という形にはなります。これが限度額の設定の基本になります。

愛知銀行カードローン 「リブレ」について

愛知銀行にはカードローンがいくつかありますが、一番グレードの高いものとしては「リブレ」というものがあります。

「リブレ」は限度額については100万円コースから500万円コースとまでも100万円単位で5種類あります。 

結構な収入がないと利用ができないものですが、基本的には300万円までならWEB審査のみで完結できるのが大きいです。

それ以上の額を借りる場合や口座を持っていない場合には予約審査という方法を使うことになります。

金利面では年4.9%から13.5%と普通の金利額となっており上限金利は若干安いとっころもあるかもしれません。

また、イーネットATM、セブン銀行ATMなら、愛知銀行のATMと同じ手数料でスカラ、平日の一定時間であれば無料で利用も可能です。

(他にもローソンなどで利用できますが、手数料がかかります)

他者からの借り入れの借り換えも自由にできるようになっており、自営業者であっても借り入れができるようになっていますので

人は選ぶ部分はありますが、意外に借り入れができる人が違ったり、自由な面も大きいです。

利用できるほどの収入があり、愛知銀行を使っているようであるのなら利用する価値はそこそこああるのではないでしょうか?

過疎地でのお金の借入方法について

過疎地では、周囲に銀行や消費者金融自体がないケースも多く、借入をするにもなかなかやりにくいところがあると思います。

過疎地の人がお金を借入したいときには、やはりインターネットか郵送という手段が主だった方法となるでしょう。

インターネットあれば、どこであっても24時間申し込みをすることが出来ますので、インターネットがつながるような環境であれば、すぐに使うのが一番効率的です。

また、過疎地でも郵送という手段であれば、基本的に借入申し込みをすることは難しい話ではありませんから、時間はかかりますが、郵送でのやり取りを行うのもいいでしょう。

電話での申し込みでも必要書類の送付には郵送はしなくてはいけませんので、アナログですがこれが確実にやりやすいです。

アルバイトでもキャッシングをすることができるのか?

いきなりお金が必要になることが人生ではそこそこあることでしょう。そんなときに使うサービスといいますとキャッシングになりますが、これは当たり前ですが働いていることが重要になります。そうでないと貸してもらうことができないようになりますから、これは注意しておきましょう。

では、アルバイトのような非正規雇用ですと駄目なのか、といいますとそうでもないです。なにしろ、当たり前ではありますがアルバイトでも収入があるわけです。どのくらいか、ということによっても違うことになりますが基本的にはキャッシングサービスならば利用できる可能性が高いです。アルバイトもしっかりと働いているのですから、審査には問題ないことが多いです。

ちなみにパートでも特に問題があることではありませんから、心配することはないです。重要になってくることはその人の分限を超えていないのかどうか、というのがお金を貸してもらうときには見られることになります。与信をしてもらうことになりますがこれには総量規制があります。しかし、10万円、20万円という単位の貸付限度額であればアルバイトの人でも付与されることが多いですから、十分に利用できるといえることでしょう。

アルバイトの人がカードローンの審査に申し込んだ場合

日本では現在、全労働者のうち非正規雇用の割合が4割に達しているという統計があります。そのため、クレジット会社や消費者金融でも柔軟に対応するようになっており、非正規雇用でもクレジットカードを作ったり、カードローンに申し込めるようになっています。

消費者金融のカードローンの利用条件は「20歳以上で安定した収入があること」となっています。本人に毎月収入があれば、パートやアルバイトでも利用できます。以前は正社員でなければお金を借りることができないと言われていた銀行も、非正規雇用者のカードローンの申し込みを受け付けています。

アルバイトの人がカードローンに申し込んだ場合、審査で重要視される点は、他社で既に借り入れがあるかどうか、過去に金融事故を起こしたり、滞納をしたりした履歴があるかどうか、という点です。年収はそれほど重要視されませんが、アルバイトの人は年収は低いので、借入限度額も低めに設定されることが多いようです。年収以上に重要視されるのが、アルバイト先での勤続年数です。同じアルバイト先で長く働いていると、今後も収入が安定すると見込まれるので信用度が高くなるからです。

現在は、正社員といえども、終身雇用は保証されない時代です。カードローンの審査では、勤務状況の他、実家で暮らしている、一人暮らしの場合は同じ住居に長く暮らしている等、安定性の高さが判断材料となるようです。