カードローンやクレジットカードを利用していると、口座残高が不足して引き落としが出来ないといった『ついうっかり』のミスが少なからずあります。カードローンの場合は、時間の都合が合わず返済に間に合わないということもあります。この場合、金額が少額だから大丈夫、1日や2日の遅れだからあまり信用度は下がらないだろうという考えは危険です。

個人信用情報として登録される情報は、返済遅延の事実と解消された日付だけの情報となり、個人信用情報を照会して審査する側ではあくまでも返済遅延の有無といった二者択一の判断にしかなりません。また、貸金業者の中にはすぐに個人信用情報に返済遅延ではなく、滞納として登録するケースもあるため、事故判断するのは避けることが重要です。

また、度々返済が遅れてしまう場合は、個人信用情報よりも契約先との信頼を損なってしまい、契約更新時にはデメリットになってしまいます。特に、カードローンなら利用限度額の引き下げだけでなく、金利引き上げの可能性も生じてしまうこともあり、より返済額が増えてしまい返済負担の増加になってしまいます。

直ぐに利用停止にはならないものの、後々の影響を避けるため、返済が遅れてしまった場合は直ぐに連絡するのが重要です。手間が掛かるといっても時間にしてみれば大したものではなく、放置する方が高くついてしまいます。