キャッシングでお金を借りる時には大抵の場合、限度額がその場で決まることになります。つまりは、この金額までならば貸すことが可能、というのが決まるわけです。例えば30万円と設定された場合、10万円を借りたら残りは20万円になるわけです。そして、これが肝心なのですが10万円を返せば20万円の残りから30万円に回復する、ということにもなります。限度額とは何度も借りることができる枠と考えておいてよいでしょう。この金額なのですが与信という行為によって決まることになります。

つまりは、その人の信用度によって決められるわけです。総量規制というのがあり、それは超えることができないです。これが年収の3分の1までになっていますがこの限界が設定されるわけではないです。あくまで最初はなんの実績もないので10万円、20万円という単位になることが多いです。もちろん、これも総量規制内で、という話になります。そして、借り入れと返済などを繰り返していきますと実績が積まれることになります。つまりは信用度が高くなるわけです。それでも総量規制を超えることはないですがそれに最終的には近づいていく、という形にはなります。これが限度額の設定の基本になります。