唐突な出費などに対応出来るキャッシング。今では当たり前となっているキャッシングですが、返済計画をしっかり立てて利用しなければなりません。
その計画に大きく関係してくるのが利息というもので、借りる会社によってこの利息の額は違いますから、借り入れにはこの利息の部分も気にしたい所です。

キャッシングの利息は、利息制限法という法律によって上限が定められていて、10万円未満ならば年20%まで、10~100万円未満ならば年18%まで、100万円以上ならば年15%までとなっています。
大手消費者金融ですと10万円未満であっても18%以下となっていますが、中小の消費者金融などであれば上限の20%になっている所もあります。
ほんの数%の差と思われるかもしれませんが、借入金額によって利息の額はどんどん上がっていくわけですから、少しでも金利が低い所を利用するのが鉄則です。

利率に関しては、どこの消費者金融であっても必ずウェブサイトなどに記載されています。
最近では、誰にも相談せずにキャッシングの利用が可能になっていて、借入をしてから失敗に気付くことも珍しくありませんから、キャッシングを利用する際にはしっかりと利息を計算して利用するようにしましょう。