キャッシングの申し込みを急ぐと、つい細かい条件を見過ごしがちですが、金利と返済日を確認するだけでは不十分です。なぜなら、金利よりも返済方法に着目して選ばなければ、同じ金額を借り入れても返済総額に大きな差が出てしまうからです。同じ金利で借り入れを行なったとしても、返済方法が残高スライドリボルビング方式と定率方式、元金均等返済では総支払額が全く異なります。元金均等返済が最も早期に完済して総支払額も少なく済みます。一方、定率方式ではある程度残高が減った段階で一括返済することが望ましいです。

残高スライドリボルビング方式を多くの金融業者が採用する理由として、返済回数を最も引き伸ばすことが出来るからです。金利が一定ならば、残高と返済回数が多いほど金融業者が受け取る利息総額が増えるので、最小返済額を段階的に減らせて元金返済を遅らせることが出来る残高スライドリボルビング方式が金融業者にとって最も有利な返済方法となります。銀行が行なうフリーローンでは、元利均等返済という形で毎月の返済額が最後まで一定とする方法が採用されており、カードローンのように繰り返し貸し借りが出来るタイプとは異なり、返済回数が予め決められています。キャッシングの申し込みを行なう際には、なるべく元金を早期に完済するために、こまめに随時返済を併用することが望ましいでしょう。