Month7月 2016

キャッシングの限度額は50万円までにすること

日常生活を送っていると、給料日までお金が足りなくなったり財布にお金が入っていない時に限って飲み会に誘われたりすることも少なくありません。そのような時に困らないようにキャッシング専用のカードを所有している方もおり、また利用を検討している方もいるのではないでしょうか。

日本人はキャッシングと聞くとあまり人に知られたくないとか、借金というイメージがあり後ろめたさを感じるケースもあります。しかし住宅ローンや車のローン、そして教育ローンなども全て借金でありキャッシングを利用するのと同じです。

ただ、キャッシングは金利が高めに設定されているので、多額のお金を借りることは控えた方がよいです。よって限度額は30万から50万円程度に設定しておくことをおすすめします。普段の生活で50万円までの借り入れ枠があれば余裕を持って生活をすることが可能です。50万円程度の限度額ならば収入証明書の提出も必要ないことが多いので審査もスピーディーです。

さらにパートやアルバイト、主婦の方でも30万円から50万円の限度額なら融資を行ってもらいやすいです。中には専業主婦でも限度額50万円までなら申し込める銀行もあるので一度利用を検討してみるとよいでしょう。

メガバンク3行のカードローンで即日キャッシングをするためには

近年では多くの金融機関で、利便性に優れたカードローンの取り扱いをしており、インターネット申込に対応していることはもちろん、即日融資に対応するカードローンも多くなりました。

メガバンクとして知られている、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行でも例外なく即日融資に対応したカードローンの取り扱いを行っており、メガバンクならではの低金利と使い勝手の良さ、安心感から多くの人に利用されています。

しかし一見すると同じような商品内容に思えるものの、金利や融資限度額、即日融資してもらうための条件などは各行によって当然ながら異なります。それぞれの銀行のカードローンについて詳しく解説していきます。

・三井住友銀行

三井住友銀行のカードローンは、実質年率が4.0%~14.5%、融資限度額は最大で800万円となっています。審査にかかる時間は最短で30分となっており、ウェブ・SMBCダイレクト・ローン契約機・電話での申し込みをすることで、即日融資が可能となってます。

・三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行では複数のカードローンの取り扱いがありますが、そのうちのバンクイックという商品が即日融資に対応しています。

バンクイックの実質年率は4.6%~14.6%で融資限度額は最高500万円となっています。なおバンクイックではインターネット・テレビ窓口・電話と三種類の申し込み方法がありますが、いずれの方法で申し込みをした場合でも即日融資が可能となってます。

・みずほ銀行

みずほ銀行のカードローンにはコンフォートプランというプランとエグゼクティブプランというプランの二種類のプランがあります。

実質年率は、コンフォートプランが3.5%~14.0%で、エグゼクティブプランが3.0%~7.0%となっています。なお、融資限度額はいずれのプランでも最高1000万円となっています。

どちらのプランに申込をした場合でも、即日融資を受けるためには、申込時点でみずほ銀行の普通預金口座が持っている必要があります。

口座を持っていない場合には、カードローンの申し込みと同時に口座開設申し込みができますが、その場合には即日融資は不可となります。