複数から選べる!キャッシングの申し込み方法

キャッシングを行なうための申し込みにはいくつかの方法があります。

金融機関によって多少の差異はあるものの、基本は直接店舗に出向く方法から電話、郵送、ネットなどからの申し込みが存在しています。

キャッシングはデリケートな問題でもあるため、他の人に見られたくないという方のために電話や郵送、ネット申し込みなどさまざまな申し込み方法が用意されているのです。

とくにネットからの申し込みは簡単で、必要事項を記入して送信することでその情報をもとに審査までを行なってもらえるので手間がかかりません。

キャッシングでは誤記入や記入漏れがあると審査に進むことができず面倒くさいことになりますが、画面を見ながら入力することができるため、そのような心配もなくネットなら24時間いつでも申し込みを行なうことができます。

消費者金融の場合には無人契約機も各地に存在し、そこから申し込みや審査、カードの受け取りやキャッシングまでを行なうこともできます。

無人契約機を利用する場合には審査結果が出るまで待たされてしまうこともありますが、待ち時間が嫌な方は事前に申し込みから審査までをネットで済ましてから無人契約機を利用することでキャッシングまでを手早く済ますこともできます。

即日融資のために必要なこと

キャッシングはいまどきは確実に即日融資を謳い文句にしているといってもよいでしょう。
それは間違いないことではありますが、その上で考えることがあります。それはこちら側がしっかりと書類などを持ってきているのか、ということです。
ないからといってすぐにもう貴方は駄目です、といわれることはないです。あくまでまた明日持ってきてください、そこまでの手続きは進めておきます、といったようなやり方になっていることが多いです。

しかし、本当に即日融資をしてもらいたいのであればすべての書類を用意しておきましょう。
すぐにお金を借りることができる、ということは実に有難いことではあります。借りすぎることに注意しておくことができるのであればまったく問題ないといえることは確かです。
即日融資によっていきなりお金が必要になったときにすぐに借りることができるようになりますから、非常に助かることでしょう。

金利が安いところに、ということを考えるのもよいことではありますが、より借り易いところにしたいと考えるのもありでしょう。
最近ではインターネット上から借り入れの申込みができるようなところもありますから、本当に使い勝手が全般的によくなっているといえます。

楽天銀行の教育ローンの概要と特徴

子どもが大学に進学する場合、4年間で相当額の学費がかかり、保護者にとっては大きな負担となります。子どもの大学費用を無理なく用意できるローン商品として高い人気を誇るのが楽天銀行が展開する教育ローンとなります。同ローンの概要と特長について詳しく見ていきましょう。

・来店不要で契約ができる

楽天銀行教育ローンはネット銀行のローン商品ということもあり、来店無しで申込から契約手続きまで行えます。Webから申し込みができますし、専用アプリを利用することで、手軽かつスピーディに書類の提出を行うことも可能です。

・審査が早い

審査スピードが非常に早く、申込から融資実行までの期間は最短で申し込みをした翌営業日となっています。また楽天銀行から直接大学へ振り込みをしてもらうこともできるので、納付期限ギリギリに申込を仕立ても間に合う可能性があります。

なお、利用限度額が500万円超で申し込みをする場合、審査に時間がかかることがあるので注意が必要です。

・提携大学への支払いであればお得に借り入れができる

早稲田大学や明治大学法政大学など、提携を結んでいる大学への支払いであれば優遇金利が適用され、よりお得に借り入れができます。もしも進学先の大学が提携大学であれば、さらに大きな恩恵を受けることができるといえるのです。

楽天銀行スーパーローンの審査に落ちてしまう2つの原因

楽天銀行スーパーローンはネットですべての手続きが完結する利便性が高いカードローンなので利用する人が増え続けています。しかし審査が可決されないと契約をする事が出来ないので申し込む前に審査に落ちないように準備する必要があります。そこで楽天銀行スーパーローンの審査に落ちてしまう原因を確認していきましょう。

・収入が投資や年金だけ

楽天銀行スーパーローンは安定した収入がある人というのが利用条件になっていますが、投資や年金は認められない可能性が高いです。給与収入や事業収入などを得ていないと収入が安定していると判断されないので審査に落ちてしまいます。楽天銀行スーパーローンを利用する時は給与収入や事業収入など投資や年金以外の収入を得ておく必要があります。

・他社借入件数が3件以上

楽天銀行スーパーローンの審査では他社からの借入件数をしっかり確認します。キャッシングだけでなく車、住宅、教育などのローンも他社借入件数になり3件以上あると返済能力がないと判断されて審査に落ちてしまいます。また他社借入件数が3件以下でも借入総額が多いと審査に落ちてしまう可能性があります。

楽天銀行スーパーローンの審査に落ちてしまう原因はこのようにあるので申し込みをする前に対策しておきましょう。

銀行カードローンの自主規制で利用限度額に上限が!固定金利のものには注意!

銀行カードローンは、かつての消費者金融のキャッシングローンのように過剰貸付や借り入れ、そして債務整理者の増加という問題が指摘されています。結果、自主規制により年収に応じた利用限度額を設定するものが増えています。特に消費者金融と同様に年収の1/3とするケースが多くなっています。しかし、年収による制限が設けられたことから、金利が下がるという訳ではなく、固定金利の銀行カードローンの場合は総返済額が増加するリスクを生じさせています。そのため、今後、銀行カードローンを契約する場合は金利自体が審査結果により設定され、より低い金利で契約出来るかどうかが重要になっています。

また、100万円を超える利用限度額の場合、年利12%台で契約出来るものがありますが、100万円を満たない場合は上限金利が適用される可能性が高くなるため、安易に高い限度額で契約しないことがおすすめになります。また、収入に対する融資限度額に余裕を残しておくことで、別のキャッシングローンを契約出来るケースもあります。銀行カードローンは常に同じ契約条件で更新するよりも、状況を見極め利用限度額を減額するなど将来的に亘って契約性が重要になります。特におすすめなのは、突発的な借り入れに対応するため、10万円程度の限度額し、金利の低いものを選ぶのが賢い借り入れ方法になります。

銀行ローンは証書貸付ならではの利点があります

“銀行が取り扱っているローンには、カードローンだけでなく目的別ローンやフリーローンがあります。
住宅ローンや自動車ローンまで含めれば、更に数が増えるでしょう。

カードローンを除く銀行ローンは、専用ローンカードを発行するわけではなく、金銭貸借契約を結ぶことにより一定額を貸し付ける証書貸付が中心です。
証書貸付ならば、契約時にまとめて資金を融資して、返済は均等返済が採用されており、最初の返済から最後まで毎月一定額の返済を続けます。
最初または最後に精算する端数のみが返済額が変わるポイントとなるでしょう。
証書貸付ならば、利用目的が明確になった上で申し込みを行なうので、返済時も計画的な返済が可能です。
繰り返し借入と返済が出来るカードローンでは、返済が苦しくなるとつい追加借入に走りがちとなるので、結果的に返済がいつまでも終わらない事態を引き起こしやすくなってしまうでしょう。

借金癖があると自覚しているならば、カードローンよりも定額返済が出来る銀行ローンを利用すると良いでしょう。
銀行ローンならば、審査時に利用目的を申告するので、問題ありと判断されれば融資が実行されることがありません。
計画的な返済も含めて、第三者の目で確認してもらうことも必要になるでしょう。”

カードローンのポイントに関して

人生ではお金が足りなくなることもあるでしょう。そんなときに考えるのがカードローンを利用することです。カードローンは無担保であり、個人の金融信用情報などから個人に対して貸すことになります。それが基本的にはカードローンになります。カードローンでは当たり前ですが審査をされることになります。審査の内容自体はどこも同じようなものになります。お金を貸すかどうかの判断材料はどこも同じだからです。その人の収入や借金の有無、あるのであればその金額です。年齢なども下限より上であり、上限よりも下であることが求めれます。

在籍確認なども重要になりますから、確実にできるようにしておきましょう。カードローンのポイントになるのはまずは金利になります。低金利であることのほうがよいのは間違いないでしょう。出来れば無利息期間などがあるとよいでしょう。それを上手く活用すればコストを抑えて借りることができるようになります。手数料なども重要です。ATMなどを利用する時に手数料が取られるのかどうかです。普段から使うところのATMが無料で使えるとかそうしたことから借りるカードローン業者を決めるのも一つのやり方であるとはいえるようになっています。

キャッシングの利息は早めに返済することで

お金を借りる時に大変なのは利息でしょう。一応、昔から比べるとかなり上限金利が低くなっていることは確かです。最大で18%になります。延滞している場合でも20%まで、ということになっています。この金利がダイレクトに金利に影響する、ということになります。ですから、金利が低ければ利息も低くなる、抑えられる、というわけです。まずはここはしっかりと理解しておきましょう。

少しでも金利を落すためには、まずは金利が安いところから借りるということを意識することです。或いは無利息期間などがあればそれにこしたことはないでしょう。細かい条件があったりしますが、それでも無利息期間があればそれは必ず活用するようにしましょう。そうすれば十二分にメリットのあり借り方とすることができるでしょう。或いは利息は早く返すことによって、当然ですが抑えることもできます。出来れば一括で返済をすることによって、お得に活用するようにしたほうがよいでしょう。早めの返済、というのがまずは大事なことになります。業者にとって利益はその利息であるわけですが、こちらとしてはコストになるのですから、少しでも抑えようとすることは悪いことではないのです。

キャッシングの申し込み先選びは数が多い方が良い

キャッシングの申し込みを急ぐと、つい細かい条件を見過ごしがちですが、金利と返済日を確認するだけでは不十分です。なぜなら、金利よりも返済方法に着目して選ばなければ、同じ金額を借り入れても返済総額に大きな差が出てしまうからです。同じ金利で借り入れを行なったとしても、返済方法が残高スライドリボルビング方式と定率方式、元金均等返済では総支払額が全く異なります。元金均等返済が最も早期に完済して総支払額も少なく済みます。一方、定率方式ではある程度残高が減った段階で一括返済することが望ましいです。

残高スライドリボルビング方式を多くの金融業者が採用する理由として、返済回数を最も引き伸ばすことが出来るからです。金利が一定ならば、残高と返済回数が多いほど金融業者が受け取る利息総額が増えるので、最小返済額を段階的に減らせて元金返済を遅らせることが出来る残高スライドリボルビング方式が金融業者にとって最も有利な返済方法となります。銀行が行なうフリーローンでは、元利均等返済という形で毎月の返済額が最後まで一定とする方法が採用されており、カードローンのように繰り返し貸し借りが出来るタイプとは異なり、返済回数が予め決められています。キャッシングの申し込みを行なう際には、なるべく元金を早期に完済するために、こまめに随時返済を併用することが望ましいでしょう。

自動契約機コーナーでのキャッシングは事前審査を受けておくと良い

キャッシングを申し込むために訪れる自動契約機コーナーでは、申込書の記入から審査に至るまでを一貫してブース内で説明を聞きながら行えるメリットがあります。しかし、多くは人目にあまり付かない場所に設置されていることから、地方ではロードサイドなど車が無ければ辿り着きにくい場所にあることも否めません。万が一にも遠くまで出向いて審査落ちしてしまえば、目も当てられない状況となることは明らかです。

インターネット経由での申し込みを行なうと、自動契約機コーナーで申込書を記入した場合と同じ審査が行われます。電話による本人確認と、勤務先への在籍確認電話がかけられる点も同じです。大きく違う点は、自動契約機コーナーへ向かうのはあくまでも専用ローンカードを受け取るためであって、インターネット経由で申し込みを行えば、先に審査通過した場合のみカードの受け取りのためだけに自動契約機コーナーへ向かえば良いことになります。無駄足を踏むリスクを回避しつつ、精神衛生上も審査に通過していることが分かっていて自動契約機コーナーへ向かうのであれば、キャッシング出来ることが確定しているのでストレスが掛かりません。インターネットを利用した申し込みを行えば、スマートなキャッシング申し込みが可能なわけです。