高齢者向けの銀行カードローンがあります

銀行カードローンと言えば、消費者金融より年齢制限が厳しいことがほとんどです。消費者金融では69歳まで契約が行えることがほとんどなのに対して、銀行カードローンは65歳までとなっているところが多く、あまり高齢者に向いているとは言えません。

ですが、但馬銀行では”セカンドライフ応援カードローン”という高齢者の為の専用カードローンを提供しています。このカードローンは60歳が利用できる年齢の下限で、74歳まで利用することができます。最高融資金額は100万円で、利用金額に関わらず年利9.8%という低金利なのも魅力です。

ただし、利用にはいくつか条件があり、年金を受給していることがまずその1つ目です。そして、年金の受給口座を但馬銀行にすること、その年金を担保にしたその他の融資を受けていないことが条件になります。但馬銀行は兵庫県に拠点を構える地方銀行ですが、年齢と共にこれらの条件を満たせれば誰でも利用することができます。

キャッシングは発行されたカードで但馬銀行や提携先のATMから行えますが、返済は基本的に毎月15日に年金の受給口座からの自動引き落としです。引き落とし口座は変更することもできます。

年金収入だけで契約が行えて、74歳まで利用できるという点、更に金利も消費者金融や一般の銀行カードローンより低くなっているので、高齢者の方にはおすすめの銀行カードローンだと言っていいでしょう。

スマートフォンからの申し込みなら深夜でも楽に対応可能なキャッシング

今や通話やメールだけでなく、一般的なネット閲覧やそれらを通じた各種申込みや手続きに欠かす事の出来ないスマートフォンですが、もちろんキャッシングやカードローンの多くもスマートフォンからの申込みに対応しており、それらを利用したスピーディな借入れを実現可能にしています。
スマートフォンからの申込みはいずれもオンライン審査の方法を取っており、特定のフォームからの必要事項の入力、送信だけで申込みや審査に関わる全ての手続きを完了する事が出来るのです。

携銀行の口座が開設済みであれば、最短ならスマートフォンから申し込んだその日のうちに借入れがOKとなるケースも多く、場合によっては自宅PCからの申込みよりもレスポンス早く、借入れが出来る様になるでしょう。
申込みのタイミングにより、得てして借入れOKとなるのが深夜になってしまうパターンもあるものですが、多くのキャッシングは24時間いつでも借入れOKとなっているケースが多く、また提携銀行が閉まっている時間帯でも24時間営業のコンビニATMが利用可能であり、大変便利です。

スマートフォンからの申し込みとなると、仕事からの帰宅途中からの申込みというケースが多く、深夜時間帯の借入れパターンに嵌ってしまいがちですが、こういったメリットがあると安心ですね。

キャッシングの増額申込みをする方法

契約して手続きを済ませた金融会社のサイトにログインをします。自身の会員用ページに増額を申し込めるページがあるので、そこに書かれている条件を満たしていれば申請できます。条件は毎日きちんと仕事をする生活を送っていれば対処できる内容です。

限度が上がる幅は10万の場合もあれば、50万以上一気に増えることもあります。高い収入を得ている人ほど限度額が伸びやすいです。

契約をして時間が経過すると金融会社の社員が突然、キャッシングの増額申し込みに関する連絡を入れてくることがあります。相手側も商売なので、高額なお金を貸して金利を稼ぎたいと思ったのが電話をしてきた理由です。承諾をすると社員は10万から20万ほど上限を引き上げてくれます。自身でサイトを開き、直接手続きをする手間が省けるので楽かもしれません。

連絡が来るのは年に数回程度なので、日常生活を送っている時は頭から除外した方が得策です。

契約を結んだ金融会社を訪れ窓口に増額の申請をする方法もあります。この時は、担当の人が話を聞いた後に増額できるかどうか調べてくれます。審査もありますが、真面目に労働勤務していればすぐに承諾の返事をもらえるので大丈夫です。あと、窓口に直接行く場合は収入証明書を持参して渡せば更に効果的です。

中小の消費者金融でも金利がいい時もある。

中小の消費者金融は基本的に金利が高いから利用しにくいという意見がありますが、実は中小の消費者金融でも条件によっては大手消費者金融や銀行系カードローンよりも金利が安いケースがあります。

例えばいつもという業者は限度額が50万円までとなっているのに、最低金利が年7.0%と10%を下回るようなケースです。

本来50万円くらいの借り入れですと大手の消費者金融でも10%の利率を上回るようになっています。

これを考えると、ある程度のお金を借りることによって、実は中小の消費者金融のほうがいい場合にもあるというのです。

もちろん中小企業でもこのような金利設定になっているわけではありませんが、こういったところもありますので色々探してみるといいでしょう。

カードローンを利用しなくなったら…

契約しているカードローンを利用しなくなった際に、そのままにしておいてはいけません。カードローンの契約は基本的に消費者金融では約5年、銀行では1年ごとに自動更新される仕組みになっているので、例え完済をして借り入れ残高が0の場合でも、そのまま放置しておくと契約は続いたままになります。

この状態だと、また利用したくなった時にすぐに使えるという利点がありますが、もう利用しない場合はきちんと解約することをおすすめします。それは、カードローンの利用限度額はその額そのものが借り入れ扱いになるからです。

カードローンや各種のローンの審査の際に参照される信用情報では、利用額は限度額で判断します。つまり、30万円の限度額のカードローンを契約していると、実際の利用金額に関わらず、30万円を借りているということになるのです。当然総量規制についてもこの限度額によって判断しています。

その為、利用しなくなったカードローンの契約をそのままにしておくと、その限度額をずっと借りていると信用情報に残ったままになってしまい、特にその後に車のローンや住宅ローンなどの大きなローンを組む際にはこの記録上の借り入れがあることが障害になってしまうことがあるのです。

かと言って、カード自体にハサミを入れて捨ててしまうという行為は考えものです。それではただカードが使えなくなっただけで、カードローンの契約自体は続いたままです。きちんと利用しているカードローン会社に連絡をして、解約をしたいと伝えてください。この解約は電話やネットだけで行うことはできず、解約申込み書に記入をして提出することで行います。解約の際には連絡をしてこれを送ってもらい、提出してください。また、送付する際にはその控えをきちんととっておきましょう。

銀行カードローンと消費者金融の審査

キャッシングやカードローンなどで銀行と消費者金融と言えば、それぞれに競争関係にあると思われています。しかし、それはある一面では当たっていますが、ある一面では全く違った様相を持っていると言えます。つまり、一見するとライバル関係にあると思われている銀行と消費者金融が協力関係にあることも少なくないということです。

現に、消費者金融が多重債務者問題などで社会的に厳しく見られるようになってからは、消費者金融が銀行グループの傘下になったということもすくなくありませんし、銀行カードローンの保証会社として消費者金融が絡んでいることも多いのです。もともと銀行にはカードローンのサービスは展開していましたが、個人融資のノウハウを持っていないこともあり、消費者金融を傘下にしたり、保証会社としたりして銀行カードローンの個人融資の残高を増やしていったという事情があったのです。とくに消費者金融などの貸金業者に総量規制が導入されてからは、銀行カードローンの残高が急増したのは、キャッシングなどの規制が厳しくなった消費者金融が銀行カードローンの保証をすることによって、銀行も消費者金融もウィンウィンの関係を築くようになっていったのです。

複数から選べる!キャッシングの申し込み方法

キャッシングを行なうための申し込みにはいくつかの方法があります。

金融機関によって多少の差異はあるものの、基本は直接店舗に出向く方法から電話、郵送、ネットなどからの申し込みが存在しています。

キャッシングはデリケートな問題でもあるため、他の人に見られたくないという方のために電話や郵送、ネット申し込みなどさまざまな申し込み方法が用意されているのです。

とくにネットからの申し込みは簡単で、必要事項を記入して送信することでその情報をもとに審査までを行なってもらえるので手間がかかりません。

キャッシングでは誤記入や記入漏れがあると審査に進むことができず面倒くさいことになりますが、画面を見ながら入力することができるため、そのような心配もなくネットなら24時間いつでも申し込みを行なうことができます。

消費者金融の場合には無人契約機も各地に存在し、そこから申し込みや審査、カードの受け取りやキャッシングまでを行なうこともできます。

無人契約機を利用する場合には審査結果が出るまで待たされてしまうこともありますが、待ち時間が嫌な方は事前に申し込みから審査までをネットで済ましてから無人契約機を利用することでキャッシングまでを手早く済ますこともできます。

即日融資のために必要なこと

キャッシングはいまどきは確実に即日融資を謳い文句にしているといってもよいでしょう。
それは間違いないことではありますが、その上で考えることがあります。それはこちら側がしっかりと書類などを持ってきているのか、ということです。
ないからといってすぐにもう貴方は駄目です、といわれることはないです。あくまでまた明日持ってきてください、そこまでの手続きは進めておきます、といったようなやり方になっていることが多いです。

しかし、本当に即日融資をしてもらいたいのであればすべての書類を用意しておきましょう。
すぐにお金を借りることができる、ということは実に有難いことではあります。借りすぎることに注意しておくことができるのであればまったく問題ないといえることは確かです。
即日融資によっていきなりお金が必要になったときにすぐに借りることができるようになりますから、非常に助かることでしょう。

金利が安いところに、ということを考えるのもよいことではありますが、より借り易いところにしたいと考えるのもありでしょう。
最近ではインターネット上から借り入れの申込みができるようなところもありますから、本当に使い勝手が全般的によくなっているといえます。

楽天銀行の教育ローンの概要と特徴

子どもが大学に進学する場合、4年間で相当額の学費がかかり、保護者にとっては大きな負担となります。子どもの大学費用を無理なく用意できるローン商品として高い人気を誇るのが楽天銀行が展開する教育ローンとなります。同ローンの概要と特長について詳しく見ていきましょう。

・来店不要で契約ができる

楽天銀行教育ローンはネット銀行のローン商品ということもあり、来店無しで申込から契約手続きまで行えます。Webから申し込みができますし、専用アプリを利用することで、手軽かつスピーディに書類の提出を行うことも可能です。

・審査が早い

審査スピードが非常に早く、申込から融資実行までの期間は最短で申し込みをした翌営業日となっています。また楽天銀行から直接大学へ振り込みをしてもらうこともできるので、納付期限ギリギリに申込を仕立ても間に合う可能性があります。

なお、利用限度額が500万円超で申し込みをする場合、審査に時間がかかることがあるので注意が必要です。

・提携大学への支払いであればお得に借り入れができる

早稲田大学や明治大学法政大学など、提携を結んでいる大学への支払いであれば優遇金利が適用され、よりお得に借り入れができます。もしも進学先の大学が提携大学であれば、さらに大きな恩恵を受けることができるといえるのです。

楽天銀行スーパーローンの審査に落ちてしまう2つの原因

楽天銀行スーパーローンはネットですべての手続きが完結する利便性が高いカードローンなので利用する人が増え続けています。しかし審査が可決されないと契約をする事が出来ないので申し込む前に審査に落ちないように準備する必要があります。そこで楽天銀行スーパーローンの審査に落ちてしまう原因を確認していきましょう。

・収入が投資や年金だけ

楽天銀行スーパーローンは安定した収入がある人というのが利用条件になっていますが、投資や年金は認められない可能性が高いです。給与収入や事業収入などを得ていないと収入が安定していると判断されないので審査に落ちてしまいます。楽天銀行スーパーローンを利用する時は給与収入や事業収入など投資や年金以外の収入を得ておく必要があります。

・他社借入件数が3件以上

楽天銀行スーパーローンの審査では他社からの借入件数をしっかり確認します。キャッシングだけでなく車、住宅、教育などのローンも他社借入件数になり3件以上あると返済能力がないと判断されて審査に落ちてしまいます。また他社借入件数が3件以下でも借入総額が多いと審査に落ちてしまう可能性があります。

楽天銀行スーパーローンの審査に落ちてしまう原因はこのようにあるので申し込みをする前に対策しておきましょう。