キャッシングの利息は早めに返済することで

お金を借りる時に大変なのは利息でしょう。一応、昔から比べるとかなり上限金利が低くなっていることは確かです。最大で18%になります。延滞している場合でも20%まで、ということになっています。この金利がダイレクトに金利に影響する、ということになります。ですから、金利が低ければ利息も低くなる、抑えられる、というわけです。まずはここはしっかりと理解しておきましょう。

少しでも金利を落すためには、まずは金利が安いところから借りるということを意識することです。或いは無利息期間などがあればそれにこしたことはないでしょう。細かい条件があったりしますが、それでも無利息期間があればそれは必ず活用するようにしましょう。そうすれば十二分にメリットのあり借り方とすることができるでしょう。或いは利息は早く返すことによって、当然ですが抑えることもできます。出来れば一括で返済をすることによって、お得に活用するようにしたほうがよいでしょう。早めの返済、というのがまずは大事なことになります。業者にとって利益はその利息であるわけですが、こちらとしてはコストになるのですから、少しでも抑えようとすることは悪いことではないのです。

キャッシングの申し込み先選びは数が多い方が良い

キャッシングの申し込みを急ぐと、つい細かい条件を見過ごしがちですが、金利と返済日を確認するだけでは不十分です。なぜなら、金利よりも返済方法に着目して選ばなければ、同じ金額を借り入れても返済総額に大きな差が出てしまうからです。同じ金利で借り入れを行なったとしても、返済方法が残高スライドリボルビング方式と定率方式、元金均等返済では総支払額が全く異なります。元金均等返済が最も早期に完済して総支払額も少なく済みます。一方、定率方式ではある程度残高が減った段階で一括返済することが望ましいです。

残高スライドリボルビング方式を多くの金融業者が採用する理由として、返済回数を最も引き伸ばすことが出来るからです。金利が一定ならば、残高と返済回数が多いほど金融業者が受け取る利息総額が増えるので、最小返済額を段階的に減らせて元金返済を遅らせることが出来る残高スライドリボルビング方式が金融業者にとって最も有利な返済方法となります。銀行が行なうフリーローンでは、元利均等返済という形で毎月の返済額が最後まで一定とする方法が採用されており、カードローンのように繰り返し貸し借りが出来るタイプとは異なり、返済回数が予め決められています。キャッシングの申し込みを行なう際には、なるべく元金を早期に完済するために、こまめに随時返済を併用することが望ましいでしょう。

自動契約機コーナーでのキャッシングは事前審査を受けておくと良い

キャッシングを申し込むために訪れる自動契約機コーナーでは、申込書の記入から審査に至るまでを一貫してブース内で説明を聞きながら行えるメリットがあります。しかし、多くは人目にあまり付かない場所に設置されていることから、地方ではロードサイドなど車が無ければ辿り着きにくい場所にあることも否めません。万が一にも遠くまで出向いて審査落ちしてしまえば、目も当てられない状況となることは明らかです。

インターネット経由での申し込みを行なうと、自動契約機コーナーで申込書を記入した場合と同じ審査が行われます。電話による本人確認と、勤務先への在籍確認電話がかけられる点も同じです。大きく違う点は、自動契約機コーナーへ向かうのはあくまでも専用ローンカードを受け取るためであって、インターネット経由で申し込みを行えば、先に審査通過した場合のみカードの受け取りのためだけに自動契約機コーナーへ向かえば良いことになります。無駄足を踏むリスクを回避しつつ、精神衛生上も審査に通過していることが分かっていて自動契約機コーナーへ向かうのであれば、キャッシング出来ることが確定しているのでストレスが掛かりません。インターネットを利用した申し込みを行えば、スマートなキャッシング申し込みが可能なわけです。

キャッシングサービスとしては今では即日が

今時は確実にキャッシングサービスは即日融資を謳っていることになります。しかし、これはどんな場合でも、ということではないのです。まず、自分が審査に通過しないことには意味がありませんし、時間帯によっては明日になってから融資、ということもあるでしょう。まず、相手が自分のことをしっかりと確認してからでないと貸すものも貸すことができないからです。そのため、基本的にはそのことをよく理解しておきましょう。キャッシングサービスとして求められるのはこちらの収入であり、借り入れであり、年齢などになります。

その点をよく踏まえておくことです。また、申し込みの時間帯もとても大事なことになります。それによって即日融資が可能であるのかどうかが大きく左右されるといってもよいでしょう。キャッシングサービスの場合は多くは午前中に申込み自体をしておけば審査が通過できるのであれば即日で貸してもらうことができるようになるでしょう。ですから、少しでも早く申込みをするようにしたほうがよいでしょう。そうすれば、上手く利用することができるようになります。ちなみに事前にカードを作ってもらっておけば即日は間違いないです。即日融資を期待するならば事前に備えておきましょう。

なぜおまとめローンは総量規制の対象とならないのか

おまとめローンは複数の借金を一つにまとめる金融商品です。多重債務がある人にとっては、おまとめローンを利用することによって、煩雑であった複数の借金の管理が簡素化されたり、全体的に金利が下がったりとメリットの多い金融商品です。ただし、おまとめローンは通常のキャッシングやカードローンと比べても審査が厳しいので利用する敷居は低いものではありません。

おまとめローンを提供する金融機関は銀行や大手の消費者金融が多いですが、おまとめローンは消費者金融であっても総量規制の対象となりません。消費者金融などの貸金業者からお金を借りるには貸金業法で年収の三分の一までになっていますが、おまとめローンはそれ以上の借入も可能です。これはおまとめローンが総量規制の例外規定に該当するからで、おまとめローンが新規の借入でないこととおまとめローンが利用者に一方的に有利になる借入であるからです。

ただし、おまとめローンの審査に通ったとしても借金の金額が減額されるわけではありません。しかし、おまとめローンの利用によって金利が下がることが多いですから、借金の金額は買わなくとも、しっかりと返済していけば実質的には総返済額が減ることは確かです。

おまとめローンなら総量規制の影響は受けません。

カードローンやキャッシングの返済に苦労している人にとって、大きな助けとなるものが、おまとめローンです。

おまとめローンとは、複数社からの借り入れを1社にまとめるものです。

メリットとしては、1社にまとめたことにより金利が引き下げられ、最終的に支払うべき利息が減少することと、支払日を1日とすることによって、支払い忘れや返済に関する精神的負担を緩和することです。

その他にも、おまとめローンの場合は、総量規制の影響を受けないというメリットがあります、

総量規制とは、貸金業法で定められており、債権者は債務者に対して、債務者の年収の3分の1を超える貸付は行ってはならないと規定したものです。しかし、この総量規制には例外と除外が設定されています。おまとめローンは例外の中に規定されている「顧客に一方的有利となる借換え」に該当します。つまり、総量規制の影響を受ける貸金業者からの借り入れをであっても、おまとめローンとして利用するのであれば、年収の3分の1を超える融資を受けることが可能ということです。銀行でのおまとめローンを断られた人にとって、銀行以外に頼ることができるのは貸金業者であるため、おまとめローンが総量規制の例外に該当することは大きな助けになります。

目的別ローンには無いカードローンの3つの便利な特徴 

現在のカードローンは店舗や自動契約機に行かなくてもインターネットから簡単に申込ができますが、その他にも3つの便利な特徴があります。

●無担保・無保証人

住宅ローンやマイカーローンなどの目的別ローンは住宅や車を担保に取られたり、保証人を要求されたりしますが、カードローンは一切必要ないため、申込や審査が簡単でスピーディに終わります。従って、申し込んだ当日にコンビニATMから出金したり、銀行口座に借入金を振り込んでもらったりする即日融資が可能です。なお、銀行カードローンの場合はグループの貸金業者が保証会社になっています。

●借入が自由

目的別ローンはいったん借入が終了すると、新しく借入が必要になった場合は改めて申込が必要になり、当然審査も受けることになります。しかし、カードローンの場合は、一度契約して利用限度額が設定されれば、その金額の範囲内なら例え完済していなくても、いつでも自由にお金を借り入れることができます。無論、業者にその都度申請する必要が無く、好きな時間にコンビニATMから引き出すことができますし、インターネットから振込入金の手続きをすることもできます。

●借入金の使途が自由

目的別ローンは借入金の使途が限定されているため、借入金を別の用途に利用することはできなくなっています。しかし、カードローンの場合は利用者が何に使おうと自由になっています。つまり、生活費に使おうが、旅費や嗜好品の購入費に充てようが利用者の都合次第です。

借り入れは1社に集中させたほうがお得

キャッシングには総量規制という借り入れ上限の規制があります。これは1社からの借り入れではなく、全社合わせての規制です。複数のキャッシングを利用しても、1社からのみの借り入れでも、借りられる金額に違いはありません。いくつかのキャッシングから細かく借りることにあまり意味はないのです。

それどころか複数のキャッシングから借り入れをすることにはデメリットもあります。1社から借りるより、複数から借りるほうが金利が高くなってしまうことが多いのです。25万ずつ4社から借りた場合、金利は各社とも18%程度でしょう。しかし、1社から100万を借りた場合、金利は15%になります。これは法律による利息の上限が借りる金額によって違うからです。基本的に大きな金額を借りるほど金利の上限は低くなります。したがって、複数からお金を借りるよりも、借り入れを1社に集中したほうが金利はお得なのです。

このことを利用した金利節約の方法がおまとめや借り換えです。複数の借り入れを1社から借りたお金で全額返済し、複数の借り入れを一本化することで金利を低く抑えるのです。おまとめには専用ローンを利用しても良いですし、金利が低めのカードローンなどを利用してもよいでしょう。

キャッシングの限度額は50万円までにすること

日常生活を送っていると、給料日までお金が足りなくなったり財布にお金が入っていない時に限って飲み会に誘われたりすることも少なくありません。そのような時に困らないようにキャッシング専用のカードを所有している方もおり、また利用を検討している方もいるのではないでしょうか。

日本人はキャッシングと聞くとあまり人に知られたくないとか、借金というイメージがあり後ろめたさを感じるケースもあります。しかし住宅ローンや車のローン、そして教育ローンなども全て借金でありキャッシングを利用するのと同じです。

ただ、キャッシングは金利が高めに設定されているので、多額のお金を借りることは控えた方がよいです。よって限度額は30万から50万円程度に設定しておくことをおすすめします。普段の生活で50万円までの借り入れ枠があれば余裕を持って生活をすることが可能です。50万円程度の限度額ならば収入証明書の提出も必要ないことが多いので審査もスピーディーです。

さらにパートやアルバイト、主婦の方でも30万円から50万円の限度額なら融資を行ってもらいやすいです。中には専業主婦でも限度額50万円までなら申し込める銀行もあるので一度利用を検討してみるとよいでしょう。

メガバンク3行のカードローンで即日キャッシングをするためには

近年では多くの金融機関で、利便性に優れたカードローンの取り扱いをしており、インターネット申込に対応していることはもちろん、即日融資に対応するカードローンも多くなりました。

メガバンクとして知られている、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行でも例外なく即日融資に対応したカードローンの取り扱いを行っており、メガバンクならではの低金利と使い勝手の良さ、安心感から多くの人に利用されています。

しかし一見すると同じような商品内容に思えるものの、金利や融資限度額、即日融資してもらうための条件などは各行によって当然ながら異なります。それぞれの銀行のカードローンについて詳しく解説していきます。

・三井住友銀行

三井住友銀行のカードローンは、実質年率が4.0%~14.5%、融資限度額は最大で800万円となっています。審査にかかる時間は最短で30分となっており、ウェブ・SMBCダイレクト・ローン契約機・電話での申し込みをすることで、即日融資が可能となってます。

・三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行では複数のカードローンの取り扱いがありますが、そのうちのバンクイックという商品が即日融資に対応しています。

バンクイックの実質年率は4.6%~14.6%で融資限度額は最高500万円となっています。なおバンクイックではインターネット・テレビ窓口・電話と三種類の申し込み方法がありますが、いずれの方法で申し込みをした場合でも即日融資が可能となってます。

・みずほ銀行

みずほ銀行のカードローンにはコンフォートプランというプランとエグゼクティブプランというプランの二種類のプランがあります。

実質年率は、コンフォートプランが3.5%~14.0%で、エグゼクティブプランが3.0%~7.0%となっています。なお、融資限度額はいずれのプランでも最高1000万円となっています。

どちらのプランに申込をした場合でも、即日融資を受けるためには、申込時点でみずほ銀行の普通預金口座が持っている必要があります。

口座を持っていない場合には、カードローンの申し込みと同時に口座開設申し込みができますが、その場合には即日融資は不可となります。